伏せた睫に黒い涙


3 2 1でハイ終了。




もう おおきくなったよ 

子どもじゃないんだから って 言いながら

楽しそうな声

弾んだ心は どこまでも飛んで行けそうで




指でなぞった 写真には

離れて映ったふたり 

笑う私 に 余所見のきみ 

何も 考えずに過ごしてた たいせつな毎日

      今でも 追いかけてる





気付いてしまった




ねえ 1ミリでもいいから

想い出して 奥底から あの頃の気持ち

もし 無理ならば

早く殺して 

芽生えかけの 懐かしいあの想い





ふたりで 歩きたかったんじゃなくて

歩きたいの

意地悪でも 格好良くなくても

私は 焦がれるのです





優しい 優しい きみの存在は

こんなに 私を 




おとなにも こどもにも するから



大きく 大きく ならないうちに

強く踏みにじって



早く 早く



叶わない 想いなんて もういらないの


Writer's Comment

 両想いが再燃すればいいのに。
 読んで下さってありがとうございました^^


 

Back