ズルい人


背いてばかりだった




醜いものが 大嫌いで

だから 自分も 大嫌い

私の世界は 鮮やかな 虹の色

そればかりを願って




くすんだモノには 近づかずに

錆びたモノは 自分から 捨てた

それが どんなに愛おしい 宝物 でも




潔さ が 唯一の 長所

それを取ったら 汚いあたし しか 残らないもの

最後まで 出来る限り キレイでいさせて

あなたはもう ずっと 遠く




あたしは もう ズルいから

綺麗なモノだけ 見ていたいんだよ

逃げ出しているよ

醜い感情 愚かな嘘 から




今は 少しだけ 後悔してる

縋ればよかった 大好きだって

離れたくない 寂しいんだよ って




そしたら あなたは 笑ってくれた?


そんな気は 少しもしないけど

質問だけは 知って欲しいよ




だって あなたと並ぶ あたしの姿


あの頃みたいに 思い描けない から



今も 綺麗なモノに 手を伸ばす

モノの深み など 知らないままに


悲しかった現実 を 夢 に 仕上げるために


Writer's Comment

私も綺麗なことばっかりに目が行きがちです。
というか、認めたくないんでしょうね。
自分の中の汚い感情に。
読んで下さった方、ありがとうございます。


Back