ヒリヒリ


その 冷えた指に 触れられる日 夢見て





所詮 人は ひとりだって こと


改めて 確認なんか したくないのに


雪 降った喜び 分け合えたはずの 人は 居ない





それぞれ 別々の 個体で 物体で


だけど 想えば 想うほど ひとつになりたがる


それが 幻想だとしても


あたしは それを 欲しがる の





低体温 と 高体温 混ざって 溶けそうで


そんな瞬間が 巡って 今 この手の中の カイロ が


酷く 冷たいようにも 感じてる





何処までも 沈める 勇気も 無かったし


彼方まで ふたりきりで 走る 決心も 持てず


いつも 片手に 不安の裾 握りしめて 離せなかった


もう片方の手には あなたの手が 繋がっていても





好きなのに 怖くて 上手に夜を越えられない


理由無しに 掛けた電話 あなたが出る前 2コールで切った


幸せ を うまく 乗りこなせなくて


今も ひとり まだ 独り 





ひとり と ひとり が 重なって 二人 になる


溶け合えない 一つには なれない


わかってる あなたも わかってた あたりまえの絶望





それでも 見たくなる 永遠が 頭を ちらつく


(でも) なんて 世界に存在しない


永遠だって 絶対なんて 見つかるはずない


だから 求め合いたくて 必死になるの?


溶け合えないなら 出来るだけ 傍に居たい と 願うから





ぬくもりの余韻も 痛みの感触も まだ この手の中に


もう人生 交わることが 無いのなら 


いっそ それすら 抱きしめて


愛でて いきましょう 最後の日 まで


Writer's Comment

 ちょっと暗くて怖い感じの詩になっちゃったかなぁ;とも思いますが、
 いつもとは違う感じで書いてみたかったのでo 
 人は、ずっと一人だとも思うし、一人きりでも無いんじゃないかという
 私の矛盾の中から考えた詩ですo
 読んで下さった方、ありがとうございましたo


Back