さよならソング


痛いのは 何処なんだろう





掠り傷 から 溢れた 朱


衝撃に驚いて 涙 も 出ない


(予測できたことだろう?)


誰かの囁きは 無視をして





ありきたりで あたりまえが 幸せと


私に教えたのは 貴方


その時は 何もわからず 頷いて


その台詞は そっと 風に 溶けた


今実感してる やっぱり 僕に教えたのは 貴方  だ





もう 身体が冷たくなる 季節


貴方が 触れていた 場所が 蘇る


氷で触れたような 人差し指の冷たさ


子供体温の私 ふたりで丁度良かった のに






どうか   どうか


何度 口にしてきたのだろう


あの頃 己に誓うことすら 出来なかった私 が


こうして 今 神に誓おうとしてる


馬鹿げた おはなし






軋む音が する


この世界から? それとも 自分から?



痛い 痛 い   イ タ イ




崩れる音が した 神風は嘲笑(わら)ってる  遠くのあの日 より




はっきり聴こえた        さよならの唄


Writer's Comment

 秋は悲しい気分になりがちですo
 読んでくださった方、ありがとうございました^^


Back