もしもの話


いつか 誇れるようになれたら





今となっては 綺麗な記憶


だけど リアルな時に 感じた息苦しさ


忘れたようで 奥で 燻って






信じてなかった


大人も 子供も 友達も 自分でさえ


はっきり引いた YES or NO


挑発した目線 強気な振る舞い






ただ好きなんて 言えなくて


こんなあたしだから 尚更? それも言い訳


もう ね  全て嘘


真実 と 偽物 さえ 区切れない






泣きたかった 寂しいんだって


甘えたかった 髪撫でてって


縋りたかった 支えて欲しくて


満たされたかった 「愛」 というもので






光を 射したのは あなた


それさえ 目伏せて 見なかった事にしたのは あたし


自己責任 他力本願 それらしい 理由ばっか 並べだして





それでも 好きだった よ





いつか あなたに恋した あたし を


誇れるように 生きるから





どうか 忘れないで 欠片でも     出来るなら


小さな想い出ひとつでも 寄り添わせて


Back