over and over


もし 今よりずっと 想い合えたら





カレンダー捲って 日々の速さ 感じる


もう今年も 此処まで来た よ


捲る枚数に比例して


あなたとの時間 減らないと いいな


小さなあたしの ちいさな言葉





夕闇が あなた照らして


あたしの鼓動は 何度だって 熱くなる


くれる言葉 零さずに 手のひらで包んで 抱きしめたいよ


何一つ 忘れたくない






あたしは ずるくて


あなたとの時間 止まればいい と いつも願うくせに


会えない時間は 早く過ぎて と 見えない何かに 願いかけてる






この手を 離したくない


言えないけど 繰り返し 祈ってる


幸せと 呟くけど いつも何処か 寂しくて


ふたりの想い 釣り合ってるとは 思えなくて


出来るなら 今すぐ傍にきて 頼りない肩 支えてほしい


嘘でいいから そう言って欲しい






あたしが 離れていこうとしたら


あなたは 必死で 縋ってくれるかな





もしも 今より 想い合えたら


好きなのに 泣く日なんて もう来ないのかなぁ


Back