見上げた光


たとえば かくれんぼのように




 もう いいかい?

 まだですよ


得意げに逃げ込んだ お気に入りの場所

満面の笑みで 潜り込んだ闇に

まだ 気付いていなかった




刻む時計は いつの間にか 止まっていて

外はもう 何の声も 響かない

おそる おそる 手を伸ばす

掴めたのは 確かな 冷たさ




待っていた ずっと ずっと

みぃつけた と

明るい みんなの声と あたたかい 手

ふれあう時を 今でも 夢見て




声を出したら 見つかってしまうから 口を 塞ぐ

本当は ただ 怖かっただけだ

勇敢になったつもりの 大きな嘘

藻掻いた指には 無数の傷跡

泣き出しそうになって また強く 塞いだ









ねぇ 今は 何時だい?


囁くように 絞り出すように 意志を込めた








次は 叫ぼう


 此処に いるんだよ と


全身で 強く 強く


助けてくれ! じゃなく 啜り泣き でもなく






此処に 居るんだよ って


Back