for


意地悪さえも 愛しく思えたら




手を繋いで

黄昏が あなたを攫っていかないように

強く繋いでて

あなたの手を 傷つけないように

爪も切ったから





つま先で踊るような わたしを

止めないで 隣に居てくれる

あなたが 嬉しい

全てが  嬉しい





わたしと居ると

あなたの特徴 上がり気味の目尻も

どんどん下がって

 あと 数年したら 笑い皺が 出来るなぁ

なんて 言わせるのが わたしの密かな夢 だったりして





いつか

あなたの 好きなブラックコーヒーと

わたしのしかめっ面が あたりまえのセットになって

空気が少し 甘くなったらいいと 思うの

今なら 夢だって 笑ってくれてもいいから





もし 幸せすぎて 怖いと言ったら

わたしを叱って? わかるまで 何度だっていい

そして 抱きしめてほしい なんて

言えるように なったらいいなぁ





世界はこんなにも 綺麗だって事



隣であなたも 感じてくれているなら






わたしにとって 最高の 瞬間


Back