more cry


明けることは わかっているのに





物音さえしない 動かない


冷たくて 寒い こんな夜は


誰かの傍に居たい と


ずっと前から 祈っていた





繰り返される日々に 嫌気がさした 訳じゃない


生きること 止めたくなってもいない


ただ


ひとりで みんな居るのに ひとりみたいで





笑う瞬間は 本当に楽しいのに


どうしようも出来ない 孤独 不安 空虚感


潰れそうだと 泣く力も ない







夜は好き ひとりになれるから


夜は嫌い ひとりになってしまうから






孤独な夜を どうやったら上手く 越えられる?


泣き疲れて眠り 暗く冷たい 夢を見る


そんな風にしか 越えられないの


出来れば自分 一人の力で


どうしたら 上手く 上手く 飛び越えるように





誰かも こんな隙間 持ち合わせているの?


ねぇ



誰か


Back