夜を越えて


離れられない





暗い夜に 独り 寂しいから


あなたと抱き合って 埋めましょう


人肌感じて 眠りましょう


たとえ 翌朝 どんなに虚しくなろうとも




 泣きそうな きみを ほっておけない とか


 そんな綺麗なわけじゃない


 ただ 欲望ぶつけ合って


 漂うんだ 熱 と 今の 間






必要とされたいの


 必要とされるなら



【たとえ ココロが ないとしても】






離れられない 





これ以上







近づくことも ないのだろうけど


Back