言葉の真意


息が苦しくて 少しだけ 泣いた




ひとつ優しさ あなたがくれる度

少しだけ 酸素が吸いにくくなる




優しさが 嫌なわけじゃない

でも あたしは 答えられないから

あたしは 優しくされる程の 人間じゃない





好きの言葉 もらった瞬間

頭の中巡るのは こっちの方が幸せと

大きく囁く あたしの心

ただ

あたしの体 動かしたのは

あなたじゃなくて あいつへの 想いの一欠片





あなた>あいつ 世間はみんな こう言うけど

あたしに この方程式は 通じない

好きなの ずっと前から

何度も 何度も 好きになるくらい






ハマってしまった 

出来ることなら あなた 好きになりたい

でも あいつが 好きで 好きで

愛おしくて 恋しくて       寂しくなるけど






だから 優しくしないで

あたしは いい子じゃない






あなたは あたしの幻 見てるの














ごめん


Back