黒い涙


「傍に居たい」は 泡の中




否定されるの 本当は怖い

だけど

あなたの優しい言葉は

影を含んで 拒絶より怖い





優しいが 故 傷つけてる

そんな事実 あなたは知りもしないでしょう

言うつもりはない

だけど いくら傷ついても

求めてしまうのは あたし自身





10回に1度の 甘い言葉

欲しがって すがって 情けない

離れてほしくなくて

普段じゃ言えないくらい

恥ずかしい事も たくさん言った





それはただの気休め

離れていくこと 避けられはしない

時も あたしも あなただって

変わっていく ふたりのカタチも





傍にいたい

ひとりでいる時にすら 呟けないよ

想うことすら 罪みたい

想うほどに 離れていくみたい





大好きなのに 痛いよ


Back