name


もっと呼んで 何度も 何度も





小さい頃 贈られた 

「親からの 初めての宝物なんだって」

なにげない響き 聞き飽きる程




言ってしまえば 「使い古し」

この生涯終えるまで 続くだろう

でも 大好きであり きっと薄れない




こんなに破壊力 あるだなんて

あの日 初めて知ったよ

止まる空気 揺れる気持ち

壊れそうに 速まる鼓動

「嫌じゃない」

「きみだけ だと思うんだ」





ただ 変わっただけ

名字だって 名前だけど でも

全てが変わる 180度

ふたりが変わる サインだったみたい






もっと呼んで 何度も 何度も

少し心 踊るから

ずっと呼んで いつも いつでも

ふたりも また変わったけど




変わらないで その響きだけ

使い古しの言葉 優しい響き

きみだけ ずっと ずっと


Back