auld lang syne


どうしようもない 




近いようで こんなに遠い

触れられそうで 空気さえ分かち合えない

届きそうで 決して 伝わらない

口に出せない想いの分だけ

綴った言葉が 増えていく




曖昧な言葉 消化の方法忘れたよ

麻痺した感覚

ぬるま湯は いつか冷めること知ってる

陽は今日も繰り返し昇る あたりまえのような奇跡





遠い日の奇跡 それとも幻

yes no じゃ片づかない世界

白と黒じゃ 分けられない気持ち

持て余してる この空っぽ

埋めたい また違う 赤い「愛」探して





逢いたい が 最後の行き着く先だけど

口には出来ない 涙零せない

その後ろ姿 もう見つけたくない だけど




キミを 感じて 時を悔やんで

また 求める キミだけ?


きっと キミだけ。


Back