キラキラブルー


冷えた指先も 心も




霞んだ目 懲らして見つめても

見つからない その背中

泣きたくなる 泣きたくなる

もう 届かないって 



街を彩る 赤と緑も

いらない あたしには

白い息 吹いて 描く窓には

キミの名前 もう書けないよ



魔法のような 幸せなんて

無くなるものだと

永遠なんて 信じないし

欲しいと思うのは 嘘じゃないけど



悲しみ感じないふりして

背筋伸ばして 強がれば

痛む心が 軋みだし

緩くなる涙腺 止められなくなる

だけど 弱さ キミには見せないから



もう頼らない よ

くやしいから

だけど だけど ねぇ

早く言って 別れの言の葉


何より この位置が この距離が




悲しいから


Back