イタイ


ワカラナイ ワカンナイ ヨ



いつものように 小さな画面と

睨めっこして

負けて 送る 気持ち込めて

たとえあたしに届く言葉が

少ないとしても




些細なことあるたび 泣くようになった

どんどん脆くなる あたし

揺れるココロが もう 折れそうだよ




誰かが 唄ってた 

認めたら 強くなれる は

信じていいの?

疑えばいいの?




乾いた風に吹かれ

痛む喉のせいだよ また涙零す

掴めない きみの気持ち

あたしのココロ 枯らしていく




ぬるい涙を 拭う手も

届かない気がして 怖い

霞む瞳 もうきみを 直視できないんだろう?

もう もう ヤダよ 

苦しい 悲しい 寂しい イタイ イタイ




吐き捨てた「さよなら」

きっときみは 否定しないでしょう



これで 全てが 放たれればいいのに


Back