ブルー ブルー


短い髪さえ 引きずるように 重く感じて




霧雨降る 帰り道 独り

傘忘れて 苛ついて

もう 全てに 腹が立った

道に落ちた小石

蹴飛ばしてみるけど

思ったより 飛ばなくって またブルー




左側だけ 跳ねた髪

右目だけ うまく出来たマスカラ

お気に入りのトップスに 嫌いなボトムス

何もかも 私を 苛立たせる




そういえば さっき キミ 見たっけな

女の子 と 手

繋いでたみたいで 幸せそうで

その雰囲気の傍 居たくなくて 走ったな

数時間前の事なのに

ありえないぐらい 遠い昔みたい

途切れる記憶が 苦しめるんだ




もう 眠いよ 眠ったら 忘れられるかな

起きたら 現実が 夢になればいいな

今を 見たくないよ



きっと目覚めたら 鏡に映る 自分の赤い眼

うさぎみたいと 笑うだろう


Back