隣り合わせ


あまのじゃく わかってる



好きなのに 好きなのに

伝えられない この想い 何処へ行くのかな

幸せだけど 物足りない

あたしは イヤな女



甘いセリフなんて 大嫌い

なのに

求めてるのは 極甘の言葉

あなたから 贈ってほしいの



寂しいのに 感じるたび

「ダイジョウブ ダイジョウブ」

まるで 魔法の呪文のように

何度も 何度も 唱えてた



ケンカしたって すぐに触れあえる

そんな距離 何処に行ったのだろう

いつだって 拒絶される事に怯えては

本音 言えずに 飲み込んだ



手は繋がるのに

心は届かないよ

無機質な文字 それでもいいから

お願いよ どうか あたしを拒否しないで



どうか どうか 

そんな神頼みばかり 繰り返しては

泣いていた 想いながら

泣いていた


Back