偽り


こんなに やわからい言葉 なのに



あなたの言葉に 角は無くて

いつも いつも 優しかった

気付けば笑顔で 穏やかで

乱される事なんて ほとんど無かったよ



「すき」 ひとつ あなたの言葉が 

あたしに届く

極上の 幸福 

あなたは優しい なのに なのに



あたしは ずるい

人の幸せ 誰かが犠牲になってるのかも しれないのに

忘れられない あいつの事は

体も心も 欲しているのは あなたじゃない



ごめん ごめん

何度唱えたって この罪 消えない気がして

でも 伝えられない

傷つけたくない そんな言い訳で 繋がってる



優しい言葉 ひとつ 届くたび

軋む胸は 偽りじゃなくて

嬉しさだって 嘘じゃないのに

痛みに 幸せ 勝てないんだよ



ごめん ごめん 最低だ あたし

「さよなら」 4文字 押しつぶされそう

弱い女 気取ってる 最悪なんだよ あたし




最低 最悪 偽りの恋人続けてる


Back