イタイ


優しさが 嬉しかった

優しさが 痛かった

キミの優しさは みんなに向けられて

誰か一人にだけ そんなこと無いんだね

みんなに向ける キレイなエガオ

その裏側を 知りたくて

どんどん どんどん 溺れていたよ

自覚した頃には もう戻れないほど

大好きだった。

好き ぐらいのうちに 気持ち伝えていたなら

今よりもっと 楽だったかな

嫌われることに これほど恐怖 感じなかったかな

言葉にしなきゃ 届かない

見つめるだけじゃ 繋がれない

 笑わなきゃ 思うほど 私のエガオは歪んでく

優しさが イタイ イタイ

みんな平等の優しさが 私には痛すぎる


ねえ ワガママなのわかってるけど

そのエガオも 裏側も 受け止めるから

私だけに 向けてくれませんか?


Back