What I want


朝から せつないのは
夢でキミと 出会ったせい

触れようとしたら 消えていった

まるで この現状のようで
頬に 一筋 想いのカケラ

握りこぶしで カケラを拭い
必死で必死で 立ち上がる

指先白くなるぐらい 硬く握った右手に
二人でつけた 香水の香り

余計 泣けるの アナタのわすれもの

はらはら はらはら 枯れることを知らず
はらはら はらはら 果てることを知らず
あの記憶 いつまでも いつまでも 想い続け

哀れと風が 囁いても 自分で支配はできなくて

はらはら はらはら また零れてく
自分の曖昧さに 情けなくて
自分の気持ちに 負けそうで

奮い立たせる術もなく

ただただ 今は

はらはら はらはら サクラのように

はらはら はらはら 想いを零す


Back