(コンテンツ開設に当たって 2004/5/30)
 彼女の書く詩もまたしいねさんやあゆんこさんとは違ってくる。オリジナルワールドを持った詩だ。
 言葉に重みが感じられるのも個人的に気に入っている。と言ってもまだ二作しか読んでないのは仕方ないのだが、これから書かれるのが楽しみだ。
 詩の短さは意図的らしい。どこかクラシカルな匂いもして、柔らかさもある。少ない漢字で表現されたタイトルも意識的かな?


ゆう作品

最新作 明日New

終わりの日 木漏れ日 夕日 彼方 偽り
変わらぬ日々 三日月 あの日のさよなら ゆめ 双眸 無題 衝動
Voice 約束 彗星 おもいで 故郷 ガラス玉 くるり ダンス、ダンス
君の名前 弱虫 初恋 きみ 天使 迷子 子守歌