秋海棠


微笑んだのは
誰のためだったか
自分は
自分は何を思った

秋雨に濡れた
自分の躯と
自分の顔と
自分の想い
引きずったまま
今日も独り帰途につく

笑ったんだ
君は笑ったんだ
ささやかな陽の中で
照らす教室の中で
確かに笑ったんだ

届く想いも届かぬ想い
その比じゃないんだ

微笑んだのは誰のため?
花は
笑う?

今度は自分が
笑いたい


Back