フラッシュ


薄いてのひらが
私に与えられたすべてのような
そんな風な気がしてた


数年前のあの真夜中に
きみとは全然違うあのひとを
私は一生懸命愛してた


困るくらいにやさしいところだけ
きみとあのひとは
そっくりだった


私のはだかの胸の上で眠ってる
きみのやわらかい髪の毛
右手ですきながら

残酷な私は
あのひとを思い出してた


あのひの夜中
こんな風にためらいながら
私はあのひとの茶色い髪をなでていた



私の右手はなにも
なにもかわってないのにね



汗ばんだきみの首筋に
くちびるを押しあてて

ただ私は
いまもいままでも
夢だけを見ていた気がしたんだ


Back