ループ


ああ、あなたは夏だったのかもしれない


アスファルトもフロントガラスも
驚く程冷たくて呆然とした

冬は静かに凍らせる
あなたが私にくれた温度やことば
私の中で静かに静かに冷たくなる

それは
消えてなくなるのではなくて
冷たい冬の下
夏まで溶けない氷を作る

一瞬の間の忘却

思い出さないまま夏がきたら
信じられない速度で
氷はとけて

私はあの夏に還っていく

ゆらめくアスファルト
ガラスにもたれて笑った君と
差し出された手


何一つ褪せない
冬が凍らせた思い出は
次の夏によみがえる

褪せない君

開く傷口

かすかなめまいの刹那
笑いかける幻


よみがえる夏
とじこめた冬


また
冬が来る


Back