落下桜


私のことを覚えているならば
あの約束も覚えているでしょうか

『桜舞う季節が来たら、必ずどこかへ連れ出すよ。』
あの冷たい丘で誓ったことを

あの頃私は圧倒的な
何か見えない力で苦しめられて
体を刻んで正気を保ち
夢見ることを恐れておりました

あなたは木枯らしのように舞い降りて
私をきつく抱き締めました

はがいじめにされながら私は笑いました

あの日あなたは
倍音の声で言ったのです

『二人でどこかに逃げましょう。』

『春までに荷物をまとめなさいな。私はあの木の元にいますから。』



ああ、私はあれから春を何度も重ね
たゆたう黒髪も
今は白くなりました

何度目の春がめぐるのでしょうか

はらりはらり

桜は今年も満開です


はらりはらり


今もかわらず愛しき君よ


Back