クリア


今そこに抱いている気持ちは
頼りないものだとしても
口にした瞬間、確信にかわるかもしれないよね

笑って夜空を見上げた君の
ほんの少しの体温を感じた時、思ったんだ

夕日に反射した水面
きらめく水面
理由なんかないよ

ただ、君を好きだと思った
勘違いじゃないよ

もしも目の前に広がる世界が
私と君で違っていても
頼りない世界に君が怯えていても

私が確かなものに変えてあげるよ

沈んでも沈まない夕日
消えても消えない流れ星

私が君のために見つけてあげるよ

思いを口にした瞬間に
確かな世界にしてみせるから
だから、何も恐がらないで


Burning's Comment

 あゆんこさんの厚意で俺の「Colours」に対する返歌を書いてくれた。
 この場を借りてだが、どうもありがとう。意識したらしいので、両方とも見ていただければ嬉しい。


Back