モノクロ


彼が私にくれた愛は、とてもおっきかった

うす汚れた私をきれいにあらって
やわらかい服をきせて
可愛がってくれたのは
すべて彼

その愛が
大きすぎて、あったかすぎて
いつのまにか見失って
当たり前になって
ワガママだらけになった

それでも笑ってくれてたのに
無理矢理手をほどいて、下り電車に逃げたのは


彼は悲しそうに笑って手を振って
あっけない終わりに私は驚いて
すぐにまた、引き返したんだけど
許してくれるって思ったんだけど

彼は何も言わないまま私を外に放り出した

暖かい腕の中で過ごしていた私には
そこは信じられないくらい冷たくて
暗くて
喉がかれる程泣いたって、届かないのに
それでも最後の彼は、鮮やかに浮かぶのに


君がくれた
ポッケの中の
くちゃくちゃにした短い手紙に
気付くのが遅すぎたのかな
にじんで読めない手紙


後悔ばかりの毎日を
消しちゃいたかったのに

それでも読み取れた最後の文字は
消えなかった文字は




「サヨナラ」


Back