海溝


いつか連れてくよと、あなたは微笑んだ


あなたの目の奥にあった海の青に憧れて
私は海に行きたいとねだった

いつかな、とあなたは笑う

あなたは中に、海をもっているから
行く必要もないでしょう


けれど、私があなたと釣り合うには
海の青が必要だった
じゃないと乾いてしまうもの


なのにあなたは笑う

『いつか、俺の生まれた町の海へ連れていくよ』


ちっとも思ってないくせに
咄嗟に終わりを悟った

乾いた私



私はあなたの海に溺れたかった


そう、あなたと一つになりたかった



あなたの海に


Back