幻影


肌を焦がす太陽は

私が待ちわびていたモノ

大好きな夏

となりにいるはずだった、あなた

あなたは、まるで幻のように

優しくさよならを告げた

もう二度と会えないと

そう静かに悟ったのは

あの、蝉時雨のうるさい

日の当たるホームでのことでした。


Back