嘘の私、本当の私





ここにあんたがいたらどんな顔、するかなぁ


私はいつも言っていた

『嘘の自分で愛されたくない』って


それを応援してくれていた、あんた

一番に支えてくれたあんた


ねぇ、ごめんね


謝っても足らないと思うけど


私、そんな子になっちゃった


いつの間にか、つくり笑いや
嘘の自分や

そんなのが得意になってって



だって



嘘の自分を、たくさんの人が愛してくれたんだもん



嬉しかったんだもん。
寂しくなかったんだもん。


そんな中、ふと気付いたの



あんたは、こんな私、愛してくれないよね



私がバカだったんだ


あんたに愛されない私なんて、いらないよ


ごめんね、ごめんね



だって



もう本当の自分、忘れちゃったんだもん


Back