声の魔法


寝る前、布団に入ったその瞬間。

授業中、先生が話してる合間。

街中、一人で歩いてるとき。

声が聞きたい。
声が聞きたい。

私は一度、あなたの声を聞いてから。
あなたの声に甘えてから。

離れられなくなりました。

一人でだって、昔は平気だったんだよ?
いつから私、こんなに弱くなったのかな。

少し笑をふくんだあなたの声。
とめどなく溢れる、『好き。』の気持ち。
抑えきれない。抑えるつもりもないんだけど。
今はただ。

声が聞きたい。
声が聞きたい。


Back